株式会社ロマンライフ

ロマンライフ大学

学 UNIVERSITY of ROMAN LIFE

たゆまないお客様満足のために成長し続ける人財を育てます

お客様満足を徹底して追求すること。それが私たちの経営の基本です。
つまり、おもてなしがビジネスの根幹。そこには必ず、心が届く距離のビジネス規模があります。
お客様と心の通う事業サイズともいえます。
必要以上に規模が大きくなると、見えないことがあったり、おもてなしが均一化していきます。
逆に小さいと、お客様のためであっても、できないことが出てきます。大き過ぎず小さ過ぎない、
真のおもてなしができる「おもてなしビジネス」のジャストサイズ。
この枠をしっかり見きわめ、マネジメントできる人財を育てるのがロマンライフ大学です。
新入社員、リーダー、あるいはシェフやマネージャー、それぞれの立場から
感動創造企業としてのマネジメントを学んでいきます。
人の成長が企業の成長。私たちは、魅力ある事業をいくつも考えながら、
感動をマネジメントできるロマンライフ人を育て、着実に歩んでいきます。

学びのプロセス

Philosophy 設立の趣旨

実学

ロマンライフが未来永劫永続発展するため、将来の経営幹部候補、中間管理者層を中心に、成果を上げられる人財育成を目的とした教育制度。

着眼大局 着手小局

ゼネラリストとしての視点と、スペシャリストとしてのスキル向上を目的とし、企業人に必要な大局的な経営判断力を備え、より実践的で専門性の高い人財育成を目標とする。

Construction カリキュラムの概要と構成

  1. 製造部門、営業部門、管理部門、企画部門などの職種別かつ一般職、監督職、管理職等の階層別カリキュラム編成。

  2. 専門分野の知識習得だけでなく、それらを使って問題解決する上で必要な能力、「コミュニケーション」「マネジメント力」「リーダーシップ」「企画・提案力」の醸成を目的としたプログラム。

  3. 座学(集合教育)、OJT、通信教育など、履修科目に適した指導方法で構成。

  4. 階層別にカリキュラムを必修科目と選択科目に分け、将来的に履修成績によって昇進・昇格の基準とする。

製造部門

営業部門

管理部門

企画部門

Curriculum 代表的なカリキュラム

Leadership リーダーシップ講座

組織運営のスキルや能力の中で最も重要なものの一つ、リーダーシップを学ぶ監督職、管理職のための講座。

Management マネジメント(PDCA)講座

企業人・組織人として目標達成のために最も必要なスキルの一つ、マネジメント能力の強化、育成を図る講座。

Accounting 財務&管理会計講座

付加価値経営の概念をベースとした当社の中長期経営計画への理解を深める、経営を担う管理職必修の講座。

Marketing 洋菓子マーケティング講座

当社の洋菓子製造&販売のビジネスモデルをもとに、生きたマーケティングロジックを学習する講座。

等身大の声

「会社でこんなことをしたい」「こんな会社にしていきたい」。そんな社員一人ひとりの強い思い。
ロマンライフ大学は、その思いに応えるために設立した学びの場。
夢の実現をしっかりサポートしています。

  • 山本 浩巳侘家事業部 侘家サポート

    侘家事業を成功させ、新たな事業にチャレンジするために

    私の目標は、侘家事業部を成功させること。そして新たな事業に挑戦し成功させ社会や会社に貢献することです。現在の仕事は、侘家事業部・料理店舗グループのマネージャーです。ロマンライフで研修やセミナーなどたくさんの学ぶ機会を与えて頂いています。そうした中でロマンライフ大学は、学びはもちろんですが、幹部になっていくための明快な道しるべのような存在だと思っています。企業のマネジメントについて幅広く学べるため、自分の夢のためにも期待しています。

  • 宮崎 靖子マールブランシュ事業部 製造部

    現場だけでは気づかないことを学んでいきたい

    私は、生ケーキの商品開発と後進の技術指導をしています。入社してすぐの新人研修の後、実際に店頭に立ちお客様と接したことで「感謝される喜び」を知り、考え方が変わりました。今の仕事につながっていると思います。ロマンライフ大学には、現場では気づけないような幅広い視点やスペシャリストとしてのスキルを段階的に学べるので安心できます。学んだことを活かし、自分が長となって美味しさのこだわりのあるケーキをつくりたいですね。

  • 粂 芳樹マールブランシュ事業部 営業部

    働いている自分を誇りに思える会社に
    するために

    次長として部門長の補佐、運営の代行が現在の仕事です。私自身、人として成長することがキャリアアップの礎だと考え、責任をもって何ごとにも取り組んでいます。その上で、社内で様々なセミナーにも参加、特に「新規事業の立ち上げ」に関するカリキュラムはロマンライフの永続発展のための新たな一歩だと興味津々です。こうした学びを通して、自分も参加した「誇れる会社づくり」プロジェクト成功のために大切な役割を担っていきます。