株式会社ロマンライフ

経営哲学

世界の食を見つめ、京都でモノづくりをする。
京都の流儀で、世界へおいしさを発信する。
私たちが生まれ育った京都には、さまざまなものを受け入れ、
本質を見きわめ、新たな価値「ほんまもん」に変えていく文化があります。
この文化に学びながら、私たちの思いを事業や商品に変えていくための確かな指針、
それが京都クオリティ。
おいしさの原点ともいえる「素材」にこだわる。
京都に受け継がれてきた繊細な匠の「技」を極める。
季節の趣に寄り添う「心」でおもてなしをする。
この、素材、技、心から生まれてくる京ならではの商品が醸し出す品質。
そして、それを生み出すために、永年培い洗練してきた私たち固有の技術。
いわば「世界の本物」を「京都のほんまもん」にしつらえる力です。
目指しているのは、おいしさで人を笑顔にするオンリーワン感動創造企業。
私たちに関わるすべての人と喜びをわかちあいたい ― ロマンライフです。

誇れる会社づくり

京都クオリティを極めていく先に、私たちの未来の姿があります。
例えば、憧れの商品をつくって世界の人を一瞬にして魅了する会社でありたい。
地元への恩返しや交流を通して京都の人に「あって良かった」といっていただける会社でありたい。
ともに働く仲間やその家族までもしっかり支え、
また、人財が豊かでひとりひとりが躍動する会社でありたい。
ずっと愛され発展し続ける会社でありたい。
いつもお客様にサプライズを届けるために革新し続ける会社でありたい。
それは、私たち自身が憧れの会社になること。みんなにとって誇れる会社になること。
チームロマンライフとして、ひとつひとつ実現していきます。